腰痛改善にはお風呂

入浴は腰痛を和らげる!?【腰痛改善にはお風呂】

腰痛

 

入浴は腰痛を和らげる効果があります。慢性腰痛には効果が高いようです。正しい入浴方法を紹介します。

 

急性腰痛と慢性腰痛では対応の仕方が変わってきます。

 

急性の場合は幹部を冷やした方がいいですし、慢性の場合は幹部を温めた方がいいようです。

 

お風呂に入って幹部をしっかり温めると痛みが和らぐのが実感できるはずです。

 

【大事なのは入浴する時の姿勢】

 

シャワーを使う時に中腰になっている人が結構いますが、これは腰痛の原因になっちゃう場合があります。姿勢をよくしてシャワーを浴びることが大切です。

 

頭を洗う時しゃがむのもよくありません。腰への負担がかかってしまいます。椅子に座って頭を洗うにしてもまっすぐ腰を伸ばして洗うことが大切です。湯船につかる時も浴槽の中で腰を伸ばして座ることが大切です。

 

ゆっくり腰を温めようと思うなら半身浴も効果的です。

 

椅子を使った入り方もけっこうおすすめです。

 

浴槽の下に洗面器をおいて、洗面器を椅子代わりにするんです。

 

親だったら子どもがそんなことしたら怒りそうですが、腰痛対策なので仕方ないです。

 

温泉も腰痛には効果的です。体と心がリラックスされます。

 

特におすすめは「硫黄泉」「食塩泉」「単純温泉」などです。

 

【急性的な腰痛の場合】

 

急性の場合は腰は冷やした方がいいです。

 

だからぎっくり腰やスポーツで炒めてしまった場合は、あっためるのじゃなくて冷シップなどで冷やすことが大切です。

 

湿布には冷シップと温湿布の2種類があるので、使用してるのが冷シップの方か温湿布の方か事前にしっかりチェックしておくことをおすすめします。