腰痛の原因

腰痛の原因とは

モットン

 

ぎっくり腰は一度なってしまうと、繰り返し起こしてしまうと言われています。

 

私も以前ぎっくり腰をおこしてからもう3度なってしまっています。ぎっくり腰はくせになっちゃうって言われていますが実は違います。

 

ぎっくり腰になりやすい生活習慣や姿勢をしてしまってるんです。

 

あなたの生活習慣や普段の立っているときや座っているとき、歩いているときの姿勢がぎっくり腰を引き起こしてしまうんです。

 

今腰がすでに痛い人・まだ腰痛になってない人も気を付けて過ごすことで腰痛を予防改善することができます。

 

【こういう人は腰痛になりやすい】

 

●前傾姿勢でいることが多い

 

前かがみや直立した姿勢を続けていると、腰の筋肉に大きな負担がかかります。姿勢を良くして、腰への負担をかけない生活をしましょう。

 

●きつい下着をつけている

 

●ふわふわの柔らかい布団で寝ている

 

やわらかい敷布団はじつは腰にはよくありません。ふわふわの敷布団やベッドよりも高反発マットレスなどが最近おすすめです。

 

特にモットンなんかはいいかと思います。

 

●生活習慣が乱れている人(肥満)

 

毎日お腹いっぱい食べていれば、知らないうちに体の疲労が溜まっていき、その疲労が腰に痛みとして表れることがあります。普段の食事は腹6分目ぐらいにしておくのがベストです。

 

●腕を組む癖がある人

 

●デスクワークなどで長時間座って作業する人

 

デスクワーカーに腰痛が多い理由は、同じ姿勢でイスに長時間座るためです。同じ姿勢を維持すると背骨や腰の骨の周りの筋肉がどんどん固まっていきます。

 

デスクワークが多い方は30分に1回でもその場で動くことをオススメします。

 

 

●運動不足の人

 

運動をしないと筋肉が硬くなってしまいます。

 

動いた時に伸びるべき筋肉が「ビヨーン」と伸びて、縮むべき筋肉がきちんと縮むのが正常な状態です。この筋肉の働きに不具合が出ると腰痛がおきます。

 

●重い荷物を良く持つ人